待ちに待ったアルバイトの面接

その日は、午前中は、待ちに待ちました事務のアルバイトの面接でした。

悲しいながら、残念ながら、応募者は私だけでは、ありませんでした。

求人広告を出されています方々は、ある程度、応募者が固まってから面接をされまして、選考を従っておられると、

かつて、私は聞いたことがありました。

今回募集広告を出されている方々も、同じ思いなのかなぁと思いました。

応募します側にも、思いがあると思うのですが、募集広告を出されています方々も、選考の基準、言い分があるようなのです。

なかなか、現実のところは、悲しいながら残念ながら双方の言い分がぴたりと一致しますことは、難しいようなのです。

私自身も、まったく神様ではありません。

一人の人間ですから、当然、私にも感情があるのです。

待ちに待っていました理由は、その面接会場に行きます前に、まじめな私は、

一人で図書館の中の無料で誰もが使うことのできますパソコンで、黙々と、何時間もできるだけ集中をしまして、

その企業、部署の仕事の内容を検索していました。

正直なお話、私からしますと、そちらのHPに書かれています内容は、難しいものであってしまいました。

字も、小さくて細かいものでした。

難しいからと、私は、投げ出さないで、疲れた体で座りながらも、HPを読み続けました。

一人で、奮闘努力を続けてしまいました。

どうにかこうにか、ぼんやりと概要を掴んだと思いました時に、HPを読みますことをやめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です