女は愛嬌も必要だと思うのですが

私の会社の女上司は、とにかく言い方がキツイんです。

自分が忙しいと特に。

周りの同僚たちも顔色を伺いながら話しかけていて、見ていてちょっとハラハラさせられる事もしょっちゅうです。

最近、私はあまり嫌な思いをする事がなかったのですが、今日は久々にムッとしました。

私がプレゼンした案件で仕事がまとまり、任せてもらっていたのでクライアントさんと話を進めていたのですが、

条件が若干変わってきてしまってそれを相談しに行ったところ、いきなり

「話が違う!」

と怒り出したんです。

こちらが言い返す隙がないくらいの口撃。

最後にはうまく進みすぎてておかしいと思ったんだと捨てゼリフ。

私が勝手に話を決定したならまだしも、

「相談しに行っただけなのに何でここまで言われる必要が?」

と思いました。

かなりのダメージを受けたので、とりあえず言わなくちゃいけない最低限の事は伝えて帰りの時間まで我慢して帰宅しました。

優しい言い方や聞き方だったらもっと話し合いも違っていたかもしれないのになぁと思います。

物の言い方ってすごく大事だと思うんです。

男の人に負けないように強気で仕事をするのもわかりますが、女性ならではの愛嬌や物腰の柔らかさなどがあった方が、

絶対にうまくいく事が多いと思うのですが違うんでしょうか?

明日、うまくまとまるようにもう1度クライアントさんと話をしてみますが、思うように進んだらあの女上司はきっとコロっと態度を変えるはず。

人の振り見て我が振り直せですよね。

私はああいう人にはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です